上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード大学
  寄付講座・上廣センター


カーネギー・カウンシル
  提携事業

オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集


ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2007年度      (English)


上廣倫理財団設立20周年記念シンポジウム

倫理的叡知とその実践を求めて

  期日:2007年5月24日(木)~25日(金)
  場所:国際文化会館(東京都六本木)


5月24日(木)

開会の辞 上廣哲治(上廣倫理財団理事)

第一部「道徳は教えられるか」
報告1「倫理学の見直し」
        越智 貢(広島大学大学院教授)
報告2「子どもの生命観の発達心理学のために―生命観は何から成り立っているのか」
        内藤俊史(お茶の水女子大学大学院教授)
報告3「日本史から世界が倫理を学べるか」
        カール・ベッカー(京都大学大学院教授)
まとめ(進行:内藤教授)

第二部「生と死から倫理を考える」
報告1「臨床倫理学と臨床死生学の融合」
        清水哲郎(東京大学大学院教授)
報告2「日本における医療倫理学の発展と今後の展望」
        赤林 朗(東京大学大学院教授)
報告3「生命の文化・価値をめぐる死生学」
        島薗 進(東京大学大学院教授)
まとめ(進行:島薗教授)


記念講演 「大学と社会の連携」 挨拶 小尾圭之介(上廣倫理財団理事)
      ジョン・フッド(オックスフォード大学総長)
      小宮山 宏 (東京大学総長)

レセプション 挨拶「謝辞・これからの倫理教育への期待と財団の役割」
       祝辞:文部科学事務次官、カーネギーカウンシル理事長
       乾杯:村井 實(慶應義塾大学名誉教授)


5月25日(金)
第三部「日本の社会は今」
報告1「情報化社会の落とし穴」
        西垣 通(東京大学大学院教授)
報告2「日本近代化の帰結について考える」
        富永健一(東京大学名誉教授)
報告3「日本の教育」
        村井 實(慶應義塾大学名誉教授)
まとめ(進行:西垣教授)

第四部「哲学と倫理の知恵を生かして」
報告1「中国哲学・儒教思想に学ぶ」
        ロジャ・エイムズ(ハワイ大学哲学部教授)
報告2「いのちをめぐる西欧的考え方」
        ジュリアン・サバレスキュ(オックスフォード大学教授)
まとめ(コーディネーター)
        一ノ瀬正樹(東京大学大学院教授)


カーネギーレクチャー「国際関係の理想と現実」
    ジョエル・ローゼンタール(カーネギーカウンシル理事長)

閉会の辞 丸山 登(上廣倫理財団事務局長)

※敬称略




The Uehiro Foundation’s 20th Anniversary Symposium
― Annual Conference of the Uehiro Foundation and Carnegie Council and Oxford Centre ―

"In Quest Of Ethical Wisdom"
Date: May 24- 25, 2007

Venue: The International House at Japan, Roppongi, Tokyo
Host: The Uehiro Foundation on Ethics and Education
Supported by: Carnegie Council for Ethics in International Affairs
Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics

May 24, 2007
Opening remarks:
Mr. Tetsuji Uehiro, Vice-President of the Uehiro Foundation on Ethics and Education
Sessions 1: ‘Can We Teach Ethics and Morality?’
Professor Mitsugu Ochi, University of Hiroshima
“Revision of Ethics”
Professor Takashi Naito, Ochanomizu University
“Toward a Developmental Theory of Moral Value of Life
: An Analysis of Some Aspects on Value of Life.”
Dr. Carl Becker, Professor of Kyoto University
“What Can the World Learn of Ethics from the Japanese History?’”
Summery by Professor Naito as moderator

Session2: ‘Formation of Ethical Views from Life and Death Studies’
Professor Tetsuro Shimizu, Uehiro chair on Death and Life Studies, University of Tokyo “Clinical Ethics Combined with Thanatology”
Professor Akira Akabayashi, University of Tokyo
“The Development And Perspectives of Biomedical Ethics in Japan”
Professor Susumu Shimazono, University of Tokyo
“Death and Life Studies Concerning Culture and Value of Life”
Summery by Professor Shimazono as moderator

Guest speeches ‘A Collaboration between Universities and Society’
Greetings by Mr. Keinosuke Obi,
Program Officer of the Uehiro Foundation on Ethics and Education
Dr. John Hood, Vice-Chancellor, University of Oxford
Dr. Hiroshi Komiyama, President, University of Tokyo

Reception
Greetings by Chairman of the Uehiro Foundation on Ethics and Education
Congratulatory speech by
Mr. Akio Yuki, Vice-Minister of the Ministry of Education and Science
Dr. Joel Rosenthal, President, Carnegie Council for Ethics in International Affairs
Toast: Dr. Minoru Murai, professor emeritus of Keio University


May 25, 2007
Session 3 ‘Ethical Dilemmas of Japanese Societies’
Professor Toru Nishigaki, Tokyo University
“The Pit-falls of An Information-dominated Society “
Dr. Kenichi Tominaga, Professor emeritus University of Tokyo
“A Consideration on The Consequence of Modernization of Japan”
Dr. Minoru Murai, professor emeritus of Keio University
“Education in Modern Japan”
Summery by Professor Toru Nishigaki as moderator

Session 4 Panel discussion: ‘From Mankind’s Heritage in Philosophy and Ethics’
Dr. Roger Ames, Professor of University of Hawaii
“East Asian Philosophy and Its Educational Significance in Modern Education”
Professor Julian Savulescu, Uehiro Chair, University of Oxford
“Western Liberal Views on Life and Its Application to Medical and Science Practice”
Moderator: Professor Masaki Ichinose, University of Tokyo

Carnegie Lecture
Dr. Joel Rosenthal, President of Carnegie Council on Ethics and International Affairs
“How Moral Can We Get? Three Tests of Ethics for American Foreign Policy”

Closing Speech:
Dr. Noboru Maruyama, General Secretary, the Uehiro Foundation on Ethics and Education




※2006年度の会議報告
※2005年度の会議報告
※2004年度の会議報告
※2003年度の会議報告
※2002年度以前の会議報告

 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.