上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード大学
  寄付講座・上廣センター


カーネギー・カウンシル
  提携事業

オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集


ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2008年度       (English)


「医療倫理」

 2008年度の会議は「医療倫理」をテーマに実施いたしました。バイオテクノロジーの急速な発展は人類に様々な可能性と同時に危険性も危惧されています。技術的発展が提起する倫理的諸課題を的確に把握すること、これらの課題に哲学と倫理学がどう応えることができるのか、などを議論し合いました。 今年度の会議では日本側の参加者が10名という規模で日米英の学術交流が可能となり、新たな試みとしてオックスフォード大学と東京大学の若手研究者のための合同ワークショップが開催されました。これはオックスフォード上廣プラクティカルエシックスセンター所長のジュリアン・サヴァレスキュ教授が若手研究者の育成に積極的であり、また東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」拠点リーダーである島薗進教授の希望もあり、当財団との協議のなかで実現したものです。

   期 日: 2008年12月10日(水)~12日(金)
   場 所: オックスフォード大学セントクロス・カレッジ(英国)

  • 12月10日(水) 若手研究者によるワークショップ

    挨拶:ジュリアン・サヴァレスキュ教授
       島薗 進教授(東京大学での死生学研究の紹介)

    報告:藤田みさお(東京大学)
        「日本における生体肝移植ドナーの意思決定モデル」
       イモジェン・グールド(オックスフォード大学)
        「ライフスタイルを理由として卵子を凍結すること」
       会田薫子(東京大学)
        「日本における脳死のダブル・スタンダードの意味と重要性」
       トマス・ダグラス(オックスフォード大学)
        「シンセティック・バイオロジーに関する二つの懸念」
       パトリシア・スクリプコ(ケース・ウェスタン・リザーブ大学)
        「人間の生を定義すること」
       竹内聖一(東京大学)
        「医療スタッフは患者から情報を受けるべきである:
         理想的なインフォームド・コンセントに向けて」
       ドミニク・ウィルキンソン(オックスフォード大学)
        「子どもにとって最良の利益になることとは何か」
       土屋 敦(東京大学)
        「人間のエンハンスメント技術への公的関心を決定する諸要因:
         日本における人口ベースの調査」
       トービー・オード(オックスフォード大学)
        「天災:胎芽の自然喪失の道徳的含意」

  • 12月11日(木) 上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議(1日目)

    挨拶:ジョエル・ローゼンタール(カーネギー・カウンシル)
       ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学)
       小野塚久輝(上廣倫理財団)

    報告:島薗 進(東京大学)
        「薬理学的精神病学の限界とエンハンスメントに対する批判:
         抗鬱剤をめぐる論争の重要さ」
       ロジャー・クリスプ(オックスフォード大学)
        「ヘルスケア:どれだけならば十分なのか」
       一ノ瀬正樹(東京大学)
        「精神障害犯罪者の医療診断をめぐる不確定性」
       ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学)
        「医学における価値と倫理の位置」
       ダニエル・ブロック(ハーヴァード大学)
        「医者と薬学者による良心的拒否」
       ロジャー・トゥリッグ(オックスフォード大学)
        「宗教の自由:圧倒的な権利?」

    講演:アラン・ブキャナン(デューク大学)
        「道徳的ステータスとエンハンスメント」

  • 12月12日(金) 上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議(2日目)

    報告:山崎浩司(東京大学)
        「日本の医学的マンガにおける<善い死>」
       堂園俊彦(静岡大学)
        「医療倫理における人間の尊厳の役割」

    講演:清水哲郎(東京大学)
        「臨床倫理学の関係的システム:日本の医療活動における理論と実践」

       ニール・レヴィ
        「意図を帰属させることとダブル・イフェクトの教義」
       ジャネット・ラドクリフ・リチャーズ(オックスフォード大学)
        「医療倫理は彼らが考えているものではない:医療教育における倫理」
       ガイ・カヘーン(オックスフォード大学)
        「道徳的直観を脳神経学的にイメージする」
       トニー・ホープ(オックスフォード大学)
        「必要という概念はヘルスケアの分配に役立つか」

    閉式:ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学)

  • 概 要
     ハーヴァード大学のダニエル・ブロック教授、デューク大学のアラン・ブキャナン教授を始め、会議には応用倫理学、医療倫理学における第一級の研究者たちが参加し、初日を含む3日間のセッションを通して、議論が展開されました。この会議はとくに日本の若手研究者にとって貴重な経験となり、第一線の研究者を前に発表し、コメントをもらい、個別の点について熟議する機会を得たことは極めて有意義であったと、すべての参加者から表明がありました。
     また、今回の会議ではテーマに対するアプローチの広さが参加者から評価されました。伝統的な分析哲学の方法で医療倫理の諸問題を精査する人文学的アプローチ(ロジャー・クリスプ教授、トニー・ホープ教授)と、脳神経科学の技術を応用して道徳的判断を分析する自然科学的アプローチ(ガイ・カヘーン博士)、その両極の間に各発表者のアプローチが位置し、その多様さは参加者を良い意味で驚かせるものでした。
     このように「学際性」に名を借りた方法論的弱さと「専門化」に名を借りた学術的偏狭さの両極が上手く回避された会議となりました。



■2007年度の会議報告
■2006年度の会議報告
■2005年度の会議報告
■2004年度の会議報告
■2003年度の会議報告
■2002年度以前の会議報告

   

Wednesday 10 December – Friday 12 December
2008 Uehiro Carnegie Oxford Conference

Theme: Medical Ethics
Topics: Teaching medical ethics
Clinical Ethics Research Ethics
Current Controversies in Medical Ethics

-And-
Young Scholars' Workshop on Medical Ethics
Held By Global COE Program Death and Life Studies of University of Tokyo,
University of Oxford with the sponsorship of
The Uehiro Foundation on Ethics and Education

Venue: St Cross College, Oxford

Medical Ethics in the 21st Century
This century heralds the greatest technology revolution in human history, greater than the industrial revolution. Biotechnology and its supporting technologies, such as information technology, will increase at an exponential rate. The possibilities of treating and preventing disease, and prolonging human life, are greater than ever before. But such progress comes at a cost. In the next decades, medical technology and treatment will become unaffordable unless access is controlled. It will become possible to change human nature fundamentally. If regenerative medicine realizes its promises or antiaging treatments are developed humans could live well beyond the current maximum of 120 years. And advanced medical science like genetics and synthetic biology could be used to produce bioweapons capable of obliterating humanity. The need for medical ethics to address these profound issues is greater than ever before. How can philosophy and ethics contribute to the development and regulation of the progress of medicine and medical science? How can we teach and train medical students, doctors and scientists, and importantly the next generation of teachers and leaders to address these profound challenges? It is the aim of this conference to: (1) begin to identify the new 21st century challenges of medical ethics; (2) advance understanding of how philosophy and ethics can meet these challenges; (3) advance methods and training of students and young leaders of medical ethics.


WEDNESDAY 10 DECEMBER

9.00 a.m. Dr. Noboru Maruyama
9.05 a.m. Professor Susumu Shimazono

SESSION ONE
9.30 a.m A model of donors' decision making in living donor liver transplantation in Japan (qualitative studies) OR Survey of living donor eligibility in Japan (quantitative study) Dr. Misao Fujita, University of Tokyo
10.00 a.m. Freezing Eggs for Lifestyle Reasons Dr. Imogen Goold, University of Oxford
10.30 a.m. Group Discussion
11.00 a.m. Refreshments

SESSION TWO
11.30 a.m. The meaning and significance of the double standard of brain death in Japan Dr. Kaoruko Aita, University of Tokyo
12.00 p.m. Two Objections to Synthetic Biology Dr. Thomas Douglas, University of Oxford.
12.30 p.m. Defining Human Life: Applications from Bedside to Bench Patricia Scripko, Case Western Reserve University
1.00 p.m. Group Discussion

SESSION THREE
2.30 p.m. Medical staff should be informed from patients: Toward an ideal informed consent Mr Seiichi Takeuchi, University of Tokyo
3.00 p.m. What is in the best interests of the child? Asking the question and begging the question Dr. Dominic Wilkinson, University of Oxford
3.30 p.m. Group Discussion

SESSION FOUR
4.30 p.m. Factors determining public interest in human enhancement technologies: Population-based survey in Japan Mr. Atsushi Tsuchiya, University of Tokyo
5.00 p.m. The Scourge: Moral Implications of Natural Embryo Loss Toby Ord, University of Oxford.
5.30 p.m. Group Discussion



2008 Uehiro- Carnegie- Oxford Uehiro Centre Conference

Theme: Medical Ethics
Topics: Teaching medical ethics Clinical Ethics Research Ethics
Current Controversies in Medical Ethics
Held by the Carnegie Council for Ethics in International Affairs,
The Uehiro Foundation for Ethics and Education and
The Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics

Thursday 11 December – Friday 12 December

Venue: St Cross College, Oxford


THURSDAY 11 DECEMBER

9.00 a.m. Dr Joel Rosenthal and Professor Julian Savulescu, Director Mr. Hisateru Onozuka

FIRST SPEAKER SESSION
9.30 a.m. Professor Susumu Shimazono
10.00 a.m. Health care: How much is enough? Dr Roger Crisp
10.30 a.m. Group Discussion

SECOND SPEAKER SESSION
11.30 a.m. Uncertainties over Medical Diagnoses of Mentally Disordered Offenders Professor Masaki Ichinose'
12.00 p.m. The Place of Values and Ethics in Medicine Professor Julian Savulescu
12.30 p.m. Group Discussion

THIRD SPEAKER SESSION
2.00 p.m. Conscientious Refusal by Physicians and Pharmacists Professor Daniel Brock
2.30 p.m. Religious Freedom: An Overriding Right? Professor Roger Trigg
3.00 p.m. Group Discussion

KEYNOTE ADDRESS
4.00 p.m. Moral Status and Enhancement Professor Allen Buchanan
5.00 p.m. Group Discussion

FRIDAY 12 DECEMBER

FOURTH SPEAKER SESSION
9.00 a.m. “Good Deaths" in Japanese Medical Comics Dr. Hiroshi Yamazaki
9.30 a.m. The role of human dignity in medical ethics Associate Professor Toshihiko Dohzono
10.00 a.m. Group Discussion

KEYNOTE LECTURE
11.00 a.m. Relational System of Clinical Ethics: theory and practice in Japanese medical activities Professor Tetsuro Shimizu
12.00 p.m. Group Discussion

FIFTH SPEAKER SESSION
2.00 p.m. Ascribing Intentions and the Doctrine of Double Effect Neil Levy
2.30 p.m. Medical Ethics is Not What They Think: Ethics in Medical Education Dr Janet Radcliffe Richards
3.00 p.m. Group Discussion

SIXTH SPEAKER SESSION
3.30 p.m. Neuroimaging Moral Intuition Dr Guy Kahane
4.00 p.m. Is the concept of need helpful in allocating health care resources? Professor Tony Hope
4.30 p.m. Group Discussion
5.00 p.m. CLOSING ADDRESS by Professor Julian Savulescu



 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.