上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード
  大学寄付講座


カーネギー上廣
  フェローシップ

ハワイ大学
  第10回東西哲学者会議


オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集

 
ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2012            (English)


「生命の本質と価値、倫理的な意味とは」
― もう後戻りはできない 生命の未来のための倫理学 ―

  • 期日:2012年5月17日(木)、18日(金)
  • 場所:国際文化会館(東京六本木)
生命科学の近年の進歩の結果、重大で困難な倫理的課題に私たちは直面しています。
 地球上の生命についてかつてない程に理解が深まり、人は新たな力を手に入れました。人間の生活がこれまで通りではなくなることについては間違いなく、さらに既存の生命体を再生する技術、または新しい種類の生命体を作る技術さえをも、人類は手にしつつあるのです。幹細胞科学、クローニング、遺伝子工学、人工繁殖学と合成生物学のおかげで、生命を変え、新たに創造するための強力な手段が整いつつあります。 しかし、これらの力は何を意味し、またどのような価値を持っているのでしょうか?生命を創造し変化させる技術は、人類にとって、他の生命体にとって、そして世界にとって、何を意味しているのでしょうか?人はどこまで行くべきなのでしょうか? ― あるいは、既に行きすぎてしまったのでしょうか?私たちの医療と健康への可能性にはどのようなものがあり、どのような挑戦が待ち受けているのでしょうか?生命科学の最先端研究が絶えまなく生み出す成果を取り扱うにあたり、道徳と宗教はどのような役割を果たすことができるのでしょうか?
 本会議では、命の未来のための応用倫理学の可能性とあり方について、世界の研究を牽引する学者たちが議論しました。

総合司会(座長)
清水哲郎(東京大学大学院人文社会系研究科 上廣死生学・応用倫理講座特任教授)
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、 オックスフォード上廣センター長)

<1日目> テーマ:命の未来と科学
開会式
小尾圭之介(上廣倫理財団理事)
ジョエル・ローゼンタール
(カーネギー・カウンシル理事長)
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、 オックスフォード上廣センター長)

セッション①「生命の価値」
トーマス・ダグラス(オックスフォード上廣センター、ウェルカムトラストリサーチフェロー)
 「生命、種への帰属、道徳的地位」
児玉 聡(東京大学医学系研究科医療倫理学講師)
 「津波てんでんこと災害状況における倫理」
会田薫子(東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任准教授)
 「日本の臓器提供における親族優先条項 ― 公平性と倫理性」
ガイ・カヘーン(オックスフォード上廣センター次長)
 「神秘なき支配:(マイケル・)サンデル、宗教、命の価値」
司会:蛭田 圭(カーネギー上廣フェロー)

セッション②「本質と生命の意味」
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード上廣センター長・教授)
 「生きる意味」
清水哲郎(東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授)
 「私たちの倫理的行動の歴史的発展についての哲学的分析
   -人間関係についての3.11およびその後における人々の考えに注目して」
赤林 朗(東京大学大学院医学系研究科教授)
 「日本における幹細胞治療の現状と規制に向けての考察」
サリー・ホープ
(一般開業医、英国ウッドストック・オックスフォード大学一次診療学科女性医療リサーチフェロー)
  「高齢化社会における家庭医療の価値」
司会:トニー・ホープ(上廣フェロー、オックスフォード大学教授)

基調講演①
 山中伸弥(京都大学教授・京都大学iPS細胞研究所所長)
 「iPS細胞研究の進展」
司会:カール・ベッカー教授

レセプション
主催者挨拶:上廣哲治(上廣倫理財団理事・プログラム オフィサー)
   挨拶:アンドリュー・ハミルトン(オックスフォード大学総長)
        濱田純一(東京大学総長)
      ジョエル・ローゼンタール(カーネギー・カウンシル理事長)

<2日目> テーマ:命の未来 ―― 道徳と宗教の役割
基調講演②
  トム・ビーチャム(ジョージタウン大学哲学科教授、ケネディ倫理研究所フェロー)
「生命医療倫理と普遍的道徳との共通性」
司会:ジュリアン・サヴァレスキュ教授

セッション③ 「道徳と宗教の役割」
島薗 進(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
 「原発災害のリスク評価と科学技術の倫理 ―低線量放射線影響研究における専門家の役割―」
森岡正博(大阪府立大学総合科学部人間科学科教授)
 「ペルソナの概念 ― パーソン概念を相対化するために」
品川哲彦(関西大学文学部総合人文学科教授)
  「人間の占める地位はどのようなものか ― 自然を操作する主体、操作される客体、人間の尊厳」
司会:ロジャー・クリスプ教授

セッション④ 「正義・公正の役割」
一ノ瀬正樹(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
 「因果関係のハイブリッドな本性 -倫理的諸問題に即して-」
ルース・フェイドン(ジョンズホプキンスバーマン研究所所長、同大学教授)
 「生物工学、正義、医療」
ロジャー・クリスプ(上廣フェロー、オックスフォード大学教授、哲学科学科長)
 「平等、優先性、未来の世代、バイオテクノロジー」
司会:ジュリアン・サヴァレスキュ教授
閉会宣言 丸山 登(上廣倫理財団事務局長)



■2011年度の会議報告
■2010年度の会議報告
■2009年度の会議報告
■2008年度の会議報告

   

2012 Uehiro/Carnegie/Oxford Conference
Thursday 17th and Friday 18th May 2012
Venue:
International House of Japan 5-11-16 Roppongi, Minatoku, Tokyo
Organizers:
Uehiro Foundation on Ethics and Education, Tokyo
Carnegie Council for Ethics in International Affairs, New York
Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics, University of Oxford

Life: Its Nature, Value and Meaning -
No Turning Back? Ethics for the Future of Life -


Background:
The recent advances in the life sciences have posed profound and unsettling ethical questions. We now have an unprecedented understanding of the nature of life on this planet. This has brought new powers. At very least, human lives will be different to ever before. And we now have the technology for regenerating existing life forms or even generating new life forms. The science of stem cells, cloning, genetic engineering, artificial reproduction and synthetic biology provide powerful tools to change and create new life. What is the value of these new powers and what is its meaning? What does the ability to create and change life mean for human beings, other life forms and the world? How far should we go? Or have we already gone too far? What possibilities and challenges lie ahead for our medicine and health? What roles can justice and religion play in managing the incessant output of cutting-edge research in the life sciences? In this conference, the world’s leading scholars gather to discuss the possibility and nature of practical ethics for the future of life.


Chairmen:
Professor Tetsuro Shimizu
(University of Tokyo, Uehiro Chair for Death and Life Studies and Practical Ethics)
Professor Julian Savulescu
(University of Oxford, Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)

1st day "Science and the Future of Life: Value and Meaning"
Opening Remarks:
Mr. Keinosuke Obi
(Executive Director of the Board of Trustees, the Uehiro Foundation)
Dr. Joel Rosenthal
(President, Carnegie Council for Ethics in International Affairs)
Professor Julian Savulescu (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)

Session I (Theme: The Value of Life)
Dr. Thomas Douglas “Life, Species Membership and Moral Status”
(Wellcome Trust Research Fellow, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Dr. Satoshi Kodama“Tsunami-tendenko and Morality in the disaster situation”
(Lecturer, Department of Bio Medical Ethics, University of Tokyo)
Dr. Kaoruko Aita “The Family-Oriented Priority Organ Donation Clause in Japan
― Fair or Unfair?”
(Associate Professor, Uehiro Chair for Death and Life Studies and Practical Ethics, University of Tokyo)
Dr. Guy Kahane “Mastery Without Mystery: Sandel, Religion and the Value of Life”
(Deputy Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Chair: Kei Hiruta (Research Fellow, Carnegie Council for Ethics in International Affairs)

Session II (Theme: The Nature and Meaning of Life)
Professor Julian Savulescu “The Meaning of Life?”
(Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Professor Tetsuro Shimizu “Philosophical Analysis of the Historical Development of our Ethical Behavior: With special attention to people’s conception of human relationship on and after 2011.3.11”
(Uehiro Chair for Death and Life Studies and Practical Ethics, University of Tokyo)
Professor Akira Akabayashi “The current status and the future regulation of stem cell therapy in Japan”
(Director, University of Tokyo Center for Biomedical Ethics and Law)
Dr. Sally Hope "The Values of Family Medicine in an Ageing Society"
(General Practitioner, Woodstock, Oxon UK and Hon Research Fellow Women's Health, Dept of Primary Care, University of Oxford)
Chair: Professor Tony Hope (University of Oxford, Uehiro Fellow)

Keynote Speech:
Chaired by Professor Carl Becker
Professor Shinya Yamanaka “Induction of Pluripotency by Defined Factors”
(Kyoto university, the Institute for Frontier Medical Sciences, The Center for iPS Cell Research and Application)

Dinner Reception:
Hosted Speech by Mr. Tetsuji Uehiro
(Executive Program Officer, the Uehiro Foundation)
Speeches: Professor Andrew Hamilton
(The Vice-Chancellor, University of Oxford)
Professor Junichi Hamada (President, University of Tokyo)
Dr. Joel Rosenthal (President, Carnegie Council for Ethics in International Affairs)

2nd day “The Future of Life: The Role of Morality and Religion”
Keynote Speech:
Chaired by Professor Julian Savulescu
Professor Tom L. Beauchamp “Commonality in Biomedical Ethics and Universal Common Morality” (Georgetown University)

Session III (Theme: Role of Morality and Religion)
Professor Susumu Shimazono “Risk Assessment of Severe Accidents of the Nuclear Power Plant and Ethics in Science and Technology: Roles of Scientists in the Study on the Effect of Low-Dose Radiation”
(Department of Religious Studies, the University of Tokyo)
Professor Masahiro Morioka “The concept of persona: An alternative to the concept of person”
(Philosophy and Ethics, Osaka Prefecture University)
Professor Tetsuhiko Shinagawa “What is the status of the human being?: subject manipulating nature, manipulated object and human dignity”
(Philosophy and Ethics, Kansai University)
Chair: Professor Roger Crisp

Session IV (Theme: Role of Justice)
Professor Masaki Ichinose“The Hybrid Nature of Causation: In View of Some Ethical Issues”
(Department of Philosophy, the University of Tokyo)
Professor Ruth Faden “Biotechnology, Justice and Health”
(Director, Johns Hopkins Berman Institute of Bioethics)
Professor Roger Crisp “Equality, Priority, Future Generations, and Biotechnology”
(Uehiro Fellow, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Chair: Professor Julian Savulescu

Closing Remarks Dr. Noboru Maruyama
(Secretary-General, Uehiro Foundation on Ethics and Education)


 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.