上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード
  大学寄付講座


カーネギー上廣
  フェローシップ

ハワイ大学
  第10回東西哲学者会議


オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集

 
ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2013            (English)


—幸福と福利—

  • 期日:2013年6月20日(木)~21日(金)
  • 場所:オックスオード大学セントクロス・カレッジ(英国)

 成功した人、成功した社会とはどのようなものだろうか?近年、その判断を金銭や国内総生産(GDP)以外の何かに求める傾向が見られる。選好の充足という伝統的な経済学の尺度に疑問が投げかけられ、多くの人が世界金融危機は資本主義の失敗だと考えている。国の生産性の基準としてGDPに代わり総幸福指標(Gross Happiness Index)を用いようとする国もある。 人の生の内在的な価値とは何だろうか?ある人の生の善さをどのようにして測ることができるのだろうか?幸福とは何で、福利とは何だろうか?幸福と福利について宗教、哲学、経済学、認知科学から何を学ぶことができるだろうか?幸福と福利は文化によって変わるのだろうか?倫理において快楽と幸福が果たす役割とは何だろうか?障碍のある人たちの見解を、どうやって福利の倫理に反映させるべきだろうか? この会議の目標は、応用倫理学における幸福と福利の意味と価値についての理解を深めることである。

プログラム 
初日
<開会挨拶>
  ジョエル・ローゼンタール教授(カーネギー・カウンシル理事長)
  ジュリアン・サヴレスキュ教授(オックスフォード大学)
  小野塚久輝(上廣倫理財団事業部長)

<午前の部>
  ガトマス・フルカ教授(トロント大学)
   「複数の善」
  児玉 聡准教授(京都大学)
   「苦痛と福利」
  イングマー・ペーソン教授(ゲーテンブルグ大学)
   「快楽の内的な望ましさ」

<午後の部>
  エドワード・スキデルスキ教授(エクセター大学)
   「幸福調査から学べることは何か?」
  熊谷誠慈准教授(京都大学)
   「ブータンの精神性と国民総幸福」
  アンソニー・スケルトン助教授(トロント大学)
   「子供の生を善くするものは何か?」

二日目
<午前の部>
  ブラッド・フッカー教授(レディング大学)
   「福利と欲求」
  成田和信教授(慶應義塾大学)
   「過去の欲求と福利」
  クリスター・ビクヴィスト教授(オックスオード大学)
   「流転する福利」

<午後の部>
  ヴァレリー・タイヴェリアス教授(ミネソタ大学)
   「友人を利することと、福利についての理想化された理論」
  モーテン・クリンゲルバック博士(オックスフォード大学)
   「快楽と福利の神経科学の構築」
  ラファエル・ロドグノ准教授(オーフス大学)
   「自閉症の人たちの福利:いくつかの概念的、方法論的問題について」


■2012年度の会議報告
■2011年度の会議報告
■2010年度の会議報告
■2009年度の会議報告
■2008年度の会議報告

   

2013 Carnegie-Uehiro-Oxford Conference on Practical Ethics

"HAPPINESS AND WELLBEING"


Venue: St Cross College, Oxford
Dates: 20-21 June, 2013

Background:

Many people and countries are now beginning to evaluate the success of their lives or society not purely in terms of money or gross domestic product. The currency of traditional economics – preference satisfaction - has fallen into question as an ethical value. The global financial crisis is seen by many as a failure of capitalism. Some countries have proposed a Gross Happiness Index to replace GDP as the measure of the productivity of a country. What is of intrinsic value in human lives? How should we measure how good a human being’s life is? What is happiness and what constitutes well-being? What can we learn from religion, philosophy, economics and the cognitive sciences about happiness and well-being? Are happiness and well-being relative to culture? What roles do pleasure and happiness play in ethics? Should we aim to maximise happiness and pleasure? How should the views of people with disability be incorporated into an ethics of well-being? This conference will seek to understand the nature and value of happiness and well-being in practical ethics.

Programme

1st Day (Thursday 20 June)
Welcome Remarks:
Hisateru Onozuka (Uehiro Foundation)
Julian Savulescu (Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Joel Rosenthal (Carnegie Council for Ethics in International Affairs)

Session I (Chair: Roger Crisp)
Thomas Hurka: ‘Plural Goods’
Satoshi Kodama: ‘Pain and Well-being’
Ingmar Persson: ‘The Certain Intrinsic Desirability of Pleasure’

Session II (Chair: Kei Hiruta)
Edward Skidelsky: ‘What Can We Learn from Happiness Surveys?’
Seiji Kumagai: ‘Bhutanese Spirituality and Gross National Happiness’
Anthony Skelton: ‘What Makes Child's Life Go Well?’

2nd Day (Friday 21 June)
Session III (Chair: Janet Radcliffe Richards)
Brad Hooker: ‘Well-being and Desire’
Kazunobu Narita: ‘Past Desires and Well-being’
Krister Bykvist: ‘Well-being in a Flux’

Session IV (Chair: Julian Savulescu)
Valerie Tiberius: ‘Benefitting Friends and Idealized Theories of Well-Being’
Morten Kringelbach: ‘Building a Neuroscience of Pleasure and Well-being’
Rafaele Rodogno: ‘Well-Being for Autists: Some Conceptual and Methodological Issues’



 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.