上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード
  大学寄付講座


カーネギー上廣
  フェローシップ

オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集

 
ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2014             (English)


「iPS細胞を含む幹細胞研究の未来に関する倫理」

  • 日時: 平成26年8月28-29日(木-金)
  • 場所: 京都大学iPS細胞研究所(1日目)、国立京都国際会館(2日目)
  • 主催:公益財団法人 上廣倫理財団
  • 共催:カーネギー・カウンシル、オックスフォード上廣センター
  • 企画協力:京都大学iPS細胞研究所(CiRA)

本会議では幹細胞研究の発展やその応用に伴う倫理的問題について再検討を行います。 iPS細胞の道徳的地位とは何か?ES細胞とどう比較できるのか?iPS細胞研究が進展しつつある今、ES細胞研究を行うことは倫理的なのか? ES細胞を研究することは悪に手を染めることになってしまうのか?幹細胞から人工的に作成した生殖細胞の倫理をどう評価すべきなのだろうか? ヒトと動物の混合胚は倫理的にどう評価されるべきなのか?そうした混合胚を再生医療に用いてよいのか? 臨床試験の初期にある幹細胞治療をどう監査、規制すべきなのか?人としての自然寿命を超えた延命を目的に幹細胞治療を行ってもよいのか? 幹細胞研究の実施や応用において公平性の原則をどう適用すべきなのか? 本会議ではこうした問いを含め、iPS細胞やES細胞研究とその発展に関する様々な倫理的課題についても考えていきます。 会議の一部では、幹細胞研究に限らず広く生命倫理上の問題について若手研究者の研究発表と意見交換を行います。

プログラム(氏名:敬称略)  ※会議概要報告(虫明茂先生)

総合司会(座長):
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣応用倫理センター長)
藤田みさお(京都大学大学院iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門特定准教授)
アドバイザー:
ルース・フェイドン教授(ジョンズホプキンス大学バーマン生命倫理学研究所所長)
蛭田 圭(オックスフォード上廣センター・リサーチフェロー)

<1日目> 京都大学iPS細胞研究所 研究棟講堂
開会式
上廣 哲治(公益財団法人 上廣倫理財団 理事長)
ジョエル・ローゼンタール(カーネギー・カウンシル理事長)
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣センター長)

セッションⅠ 「潜在的にヒトとなり得る存在を構成する要素とは何か?」
伊吹 友秀(国立精神神経医療研究センター・リサーチフェロー)
「iPS細胞の進展に伴う各段階における倫理的問題」
イングマー・ペルソン(ヨーテボリ大学 応用倫理学・教授)
「ヒト胚の価値―本質的か、道具的か?」
ロバート・スパロウ(モナシュ大学 生命倫理センター・博士)
「普遍的な原形質への取り組み」
司会:八代 嘉美(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定准教授)

CiRAツアー

セッションⅡ 「何がiPS/幹細胞に関する倫理的議論を難しくしているのか?」
トーマス・ダグラス(オックスフォード大学上廣応用倫理センター、ウェルカムトラストリサーチフェロー)
カトリエン・デヴォルダー(ヘント大学 哲学・道徳哲学研究科・博士)
「応用倫理における代償を伴う妥協」
八代 嘉美(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定准教授)
「『ポピュラーカルチャー』と『再生医療研究』」
カトリエン・デヴォルダー(ヘント大学 哲学・道徳哲学研究科・博士)
「幹細胞をめぐる議論における共犯性に基づいた問題――iPS細胞の場合」
司会:ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣センター長)

セッションⅢ 「iPS/幹細胞研究を適切に進めていくにはどうすればよいか?」
藤田 みさお(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定准教授)
八田 太一(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定研究員)
「未確立の細胞治療に関する日本の法規制と実態」
加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学・教授)
「幹細胞研究の倫理-ヒトゲノムのELSI研究に学ぶ」
ジェレミー・シュガーマン(ジョンズホプキンス大学教授、バーマン生命倫理学医学研究所副所長)
「iPS細胞を用いた重要な橋渡し研究における倫理的課題」
司会:ロジャー・クリスプ(上廣フェロー、オックスフォード大学教授、哲学科学科長)

閉会挨拶:ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣センター長)

<2日目> 国立京都国際会館 Room104及びアネックスホール
セッションⅣ 「若手研究者会議」(Room104)
大関 令奈(東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野・博士課程)
「進行性乳がん患者に対する乳腺医の治療継続または中止決定の基準に関する質的研究」
澤井 努(京都大学大学院 人間・環境学研究科・博士課程)
「iPS細胞研究における優先順位の設定」
赤塚 京子(京都大学大学院 人間・環境学研究科・博士課程)
「日本におけるiPS細胞由来の生殖細胞作成をめぐる議論」
ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣センター長)
「胚盤胞補完法の倫理」
高島 響子(東京大学 医科学研究所 公共政策研究分野・特任研究員)
「偶発的所見を研究参加者に伝えることの意義」
鈴木 美香(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定研究員)
佐藤 恵子(京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センターEBM推進部・特定准教授)
「幹細胞研究者を対象にしたプロフェッショナリズム涵養教育プログラムの開発」
司会:トーマス・ダグラス(オックスフォード大学上廣応用倫理センター)


公開シンポジウム
「iPS細胞を含む幹細胞研究の未来に関する倫理」
(国立京都国際会館アネックスホール)

司会:藤田 みさお(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・特定准教授)
主催者挨拶:
丸山 登(公益財団法人 上廣倫理財団・事務局長)
ジョエル・ローゼンタール(カーネギー・カウンシル理事長)

基調講演①山中 伸弥(京都大学教授・京都大学iPS細胞研究所所長)
「iPS細胞研究の未来と倫理」
基調講演②長嶋 比呂志(明治大学教授・バイオリソース研究国際インスティテュート 代表)
「遺伝子改変ブタを利用する臓器再生・臓器移植研究の現状と課題」
基調講演③青野 由利(毎日新聞社 専門編集委員)
「生命科学の『ちょっと待てよ』を考える」
質疑応答

閉会挨拶:ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学教授、オックスフォード上廣センター長)



■2013年度の会議報告
■2012年度の会議報告
■2011年度の会議報告
■2010年度の会議報告
■2009年度の会議報告
■2008年度の会議報告

   


2014 Uehiro/Carnegie/Oxford Conference

"Ethics for the Future of iPS/Stem Cells"


Background:

This conference will re-examine the ethical issues relating to developments in stem cell research and their development and application. What is the moral status of iPS cells and how does this compare to ES cell? Is ES cell research now unethical given the advances in iPS cells research? Would ES cell research involve complicity with evil? How should we evaluate the ethics of developing gametes for artificial reproduction from stem cells? How should mixing of human and animal stem cells be ethically evaluated? Should this be used for regenerative medicine? How should early clinical trials of potential stem cell therapies be overseen and regulated? Should stem cell therapies be used to radically prolong human life beyond the natural limit? How should principles of justice apply to stem cell research and its application? This conference will consider some of these questions and others relating to the ethical issues associated with iPS and ES cell research and development. A part of the conference will also serve as an opportunity for young scholars to present their research and exchange opinions on a wide range of bioethical issues.

Programme:
<1st day> Thursday 28 August
At Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University

Opening Remarks:
Tetsuji Uehiro (President, the Uehiro Foundation on Ethics and Education)
Joel Rosenthal (President, Carnegie Council for Ethics in International Affairs)
Julian Savulescu (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)

Session I (Theme: What constitutes a potential human being?)
Dr. Tomohide Ibuki “Ethical Concerns around iPS cells in Each Stage of its Progress”
(Research Fellow, National Center of Neurology and Psychiatry)
Professor Ingmar Persson “The Value of Human Embryos: Intrinsic or Instrumental?”
(Practical Philosophy, University of Gothenburg)
Dr. Robert Sparrow “Grappling with the Universal Protoplasm”
(Associate Professor, the Centre for Human Bioethics, Monash University)
Chair: Yoshimi Yashiro
(Associate Professor, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)

CiRA Tour

Session II (Theme: What makes the discussion of iPS/stem cells ethics challenging?)
Dr. Thomas Douglas “Costly Compromises in Practical Ethics”
(Wellcome Trust Research Fellow, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
/Dr. Katrien Devolder
(Assistant Professor, the Department of Philosophy and Moral Sciences, Ghent University)
Dr Yoshimi Yashiro “Popular Culture and Research on Regenerative Medicine”
(Associate Professor, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)
Dr. Katrien Devolder “Complicity-Based Concerns in the Stem Cell Debate: The Case of Induced Pluripotent Stem Cells”
(Assistant Professor, the Department of Philosophy and Moral Sciences, Ghent University)
Chair: Julian Savulescu (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)

Session Ⅲ (Theme: How do we appropriately proceed iPS/stem cell research?)
Dr. Misao Fujita “The Current Situation of Experimental Cell Therapy and New Laws in Japan”
(Director, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)
Taichi Hatta (Uehiro Research Fellow, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)
Professor Kazuto Kato “Ethics of Stem Cell Research – Learning from Human Genome ELSI Research”
(Biomedical Ethics and Public Policy at the Graduate School of Medicine, Osaka University)
Professor Jeremy Sugarman “Ethical Challenges in the Responsible Clinical Translation of iPSCs”
(Deputy Director for Medicine of the Berman Institute of Bioethics, Johns Hopkins University)
Chair: Roger Crisp (Uehiro Fellow, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)

Closing remarks for 1st day: Professor Julian Savulescu (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)


<2nd day> Friday 29 August
At Kyoto International Conference Center(Room104 & Annex Hall)

Session Ⅳ (Theme: Young Leaders’ Conference)
Reina Ozeki “A Qualitative Study on Experiences and Views of Japanese Breast Cancer Doctors Regarding The Treatment Decision-Making Process for Advanced Breast Cancer Patients” (Doctoral Candidate, The University of Tokyo)
Tsutomu Sawai “Priority Setting in Researches on Induced Pluripotent Stem Cells” (Doctoral Candidate, Kyoto University)
Kyoko Akatsuka “Discussions of Producing Germ Cells from Induced Pluripotent Stem Cells in Japan” (Doctoral Candidate, Kyoto University)
Professor Julian Savulescu “Ethics of Blastocyst Complementation” (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Kyoko Takashima “Research Participants’ Perspectives on Knowing Incidental Findings: Benefit or Harm?”
(Research Fellow, The University of Tokyo)
Mika Suzuki “Developing a Program to Foster Professionalism for Stem Cell Researchers”
(Uehiro Research Fellow, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)
/Dr. Keiko Sato (Associate Professor, Institute for Advancement of Clinical and Translational Science and Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto University)
Chair: Thomas Douglas (Wellcome Trust Research Fellow, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)


Open Symposium
「Ethics for The Future of iPS/Stem Cells」

At Kyoto International Conference Center(Annex Hall)
Chair: Misao Fujita (Director, Uehiro Research Division for iPS Cell Ethics, Kyoto University)

Opening:
Dr. Noboru Maruyama (Secretary-General, Uehiro Foundation on Ethics and Education)
Professor Joel Rosenthal (President, Carnegie Council for Ethics in International Affairs)

Keynote Speech:
Professor Shinya Yamanaka “The Future and Ethics of iPS Cells”
(Director, Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University)
Professor Hiroshi Nagashima “Organ Regeneration and Transplantation Research Using Genetically Modified Pigs-Current Status and Issues”
(Director, International Institute for Bio-Resource Research, Meiji University)
Yuri Aono “Life Sciences - Pausing to Reflect -”
(Editorial Committee Member, Mainichi Newspaper)

Question and Answer

Closing Remarks:
Professor Julian Savulescu (Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics)
Adjourn


 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.