上廣道徳教育賞
道徳教育シンポジウム
テーマ研究会
道徳教育活動助成

第18回 上廣道徳教育賞(後援:文部科学省) 受賞者一覧


◆小学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞  中島 賢太郎 (鹿児島県立大島養護学校) 1年ろ組一番星クラスの創造
〜道徳「家族愛」を核にした、自己肯定感の高まり〜
優 秀 賞  校長新重 和幸(北海道旭川市立大町小学校)  道徳的実践力を高め、心豊かでたくましく生きる児童を育成する教育課程の
編成・実施と校長の役割
優 秀 賞  愛知県安城市立安城東部小学校 自己の生き方を考える道徳教育
―『自分史』の制作と関連付けた道徳の時間の学習―
優 秀 賞  愛知県岡崎市立六名小学校 自己を見つめ、やりがいを持って活動する子どもの育成
〜「膨らませようぼくらの夢はばたかせよう希望の翼」の実践を通して〜
優 秀 賞  山田 典昭(長崎県長崎市立高城台小学校) 「道徳授業改善のための指導方法の工夫」
〜語り合い、学び合いを生かし、価値観を高め合う道徳の時間をめざして〜
佳  作  多田 幸城(千葉県千葉市立桜木小学校) 児童の「あこがれ」を軸にした道徳授業の創造
―小学校6年生キャリア教育における連携の可能性―
佳  作  柴田 八重子(愛知県美浜町立野間小学校)  学び合い、自己の生き方についての考えを磨く道徳授業
〜「自己の生き方を見つめるキーワードづくり」をとおして〜
佳  作  石川県金沢市立米丸小学校 子どもを育む確かな学び 〜体験活動を取り入れた心にひびき合う道徳教育〜
佳  作 広島県安芸高田市立吉田小学校 自己肯定感を高める「心に響く道徳の時間」の創造
佳  作  鳥取県鳥取市立醇風小学校 しなやかな心をもち、いのちを大切にする醇風っ子の育成
〜心に響く道徳の時間の充実と豊かな体験の工夫、家庭・地域社会との連携〜

◆中学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞  古川 志乃(福岡県広川町立広川中学校) 豊かな友情観を育む道徳学習指導 ―対話活動を位置付けた展開―
優 秀 賞  校長日下部 憲一(北海道札幌市立宮の森中学校) 家庭教育学級と進める「生命」の授業
優 秀 賞  平沢 重人(長野県安曇野市立堀金中学校) 「共生」に焦点を当てる道徳教育
〜ソーシャルスキル教育と「道徳」との学び合い〜
優 秀 賞  八木 三鶴(京都府亀岡市立亀岡中学校) 生徒の道徳性を育み、豊かな心を育てる道徳教育
〜体験活動や部活動を通しての道徳的実践力の育成〜
優 秀 賞  多田 明美(香川県高松市立香南中学校)  「道徳的価値の自覚を深め合い、ともによりよく生きる生徒の育成」
〜生命を大切にする心をはぐくむ道徳の指導を中心として〜
佳  作  中嶋 真理(岩手県宮古市立第一中学校) 絵本と昔話で心を耕す道徳教育
佳  作  寺崎 賢一(富山県滑川市立早月中学校) 「礼」の教育
佳  作  桶川 希三子(石川県小松市立御幸中学校) 「心豊かに学ぶ子どもの育成」
〜人間尊重の精神をよりどころとし、
          様々な活動を通して生き方を考え,豊かな心の育成をめざす〜
佳  作  三宅 康文(奈良県上牧町立上牧中学校) 中学生の心に響く道徳の時間の指導の工夫
佳  作  平成20年度
  福岡教育大学附属久留米中学校 第三学年部
人間力をはぐくむ「道徳・学級活動」の創造
―活動主題のもつ価値を再構成する活動を通して―

◆既存受賞者の再応募の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞  副校長加藤 敏久(東京都多摩市立東愛宕中学校) 道徳教育に邁進する学校組織づくり
優 秀 賞  副校長松原 好広(東京都八王子市立陵南中学校) 生命の喪失感や有限性について深く考える道徳の時間の指導の工夫
〜小・中学校の教師が協働して創る授業〜
優 秀 賞  渋谷 美智子(福島県福島市立野田中学校) 学校全体の道徳的感性の高まりを目指して〜校内研究会に全クラス
一斉道徳授業を取り込んだ実践を通して〜
優 秀 賞  吉田 光宏(岐阜県北方町立北方小学校) 自己の生き方についての考えを深め、たくましく生きぬく子を育てる道徳の時間の創造
〜要としての道徳の時間が生きる指導方法・指導過程の在り方〜
優 秀 賞  校長長江 留理子(広島県呉市立渡子小学校) 豊かな人間性と自立心をはぐくむ道徳教育
―中学校や家庭・地域社会とのつながりを通して―

 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 財団法人上廣倫理財団 All Right Reserved.