上廣道徳教育賞
道徳教育シンポジウム
テーマ研究会
道徳教育活動助成

第22回 上廣道徳教育賞(後援:文部科学省) 受賞者一覧


◆小学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル(取組み 個人/グループ)
最優秀賞  矢作 信行(埼玉県川口市立慈林小学校) 心豊かに自他共によりよく生きる児童の育成
〜児童の問題意識を重視した道徳の時間のあり方〜(グループ)
優 秀 賞  佐野 恵広(愛知県岡崎市立井田小学校)  家族との絆を大切にし、自己を高めようとする子の育成
―2分の1成人式「未来へ届け!ぼくらの夢」を通して―(個人)
優 秀 賞  近藤 邦子(愛知県安城市立安城東部小学校) 命を輝かせて精いっぱい生きる子の育成
−5年 重点的指導に基づく道徳の時間の実践―(グループ)
優 秀 賞  岡部 智(福島県本宮市立岩根小学校) 児童の心の豊かさを育む学校・家庭・地域づくり―ふるさと教育(総合学習)と道徳教育を関連づけた教育活動から―(個人)
優 秀 賞  津秋 智子(広島県廿日市市立宮園小学校) 感じ、響きあう、心豊かな児童の育成 〜「体験」を「言葉」で生かし、
考えを深める道徳の時間の工夫を通して〜地域を素材にした「自作資料」及び「宮園小オリジナル心のノート」の開発を中心として(グループ)
優 秀 賞  後藤 亜希(北海道網走市立東小学校) キャリア教育の視点で学ぶ道徳教育
〜「かかわる・つながる」をキーワードとした、心に響く道徳の実践〜(個人)
優 秀 賞  本郷 一毅(愛知県岡崎市立矢作北小学校) 郷土に愛着を感じ、明るく前向きに生活する子供の育成
〜自作資料集「夢をつむいだ人々」の作成と活用を通して〜(グループ)
佳  作  上平 敏晴(奈良県五條市立五條小学校) 児童一人一人の活動意欲や学習意欲を高める道徳教育
〜シンボルキャラクター『五夢りん』と共に〜(グループ)
佳  作  新井 清規(長野県長野市立朝陽小学校) 子どもたちの活動から生まれてきた道徳的価値観
〜教師自身の悩みの中から道徳的価値観を生みだすことができた「二十日大根レター」〜(個人)
佳  作  若林 麻美(愛知県安城市立安城東部小学校) 自己の生き方を考える道徳教育
−6年 総合的な学習とリンクさせた道徳の時間―(グループ)
佳  作  中山 真樹(大阪府枚方市立殿山第一小学校) 食育と関連づけた道徳の時間の創造
〜教科・領域の中の体験活動と結び付けて〜(個人)
佳  作  高帛 明子(福井県鯖江市進徳小学校) 自己を見つめ、よりよく生きようとする子どもの育成
〜総合的な学習の時間「落語に挑戦」との関連を通して〜(個人)


◆中学校 高等学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル(取組み 個人/グループ)
最優秀賞  香川 哲範(愛知県稲沢市立明治中学校) 人との関わりを大切にし、よりよい生き方を考える生徒の育成
―体験的な活動を通して、生き方を見つめる『総合単元的な道徳の授業』の実践―〜道徳の評価を意識した取組を考える〜(グループ)
優 秀 賞  後藤 喜朗(岐阜県岐阜市立東長良中学校) 自己を見つめ、互いを思いやる生活ができる生徒の育成(グループ)
優 秀 賞  立石 有礎(徳島県徳島文理中学校) 道徳教育と連携を図る総合的な学習の実践(グループ)
優 秀 賞  門前 智(北海道札幌市立青葉中学校)  主体性に富み、人間性豊かな生徒を育てる道徳教育
〜「青葉メソッド」を活用し、自己有用感を高める道徳教育の在り方を求めて〜(グループ)
優 秀 賞  階照美(愛知県飛島村立小中一貫教育校飛島学園飛島中学校)   豊かな心の醸成
―1・9年生「すまいる交流会@A」を通して―(個人)
優 秀 賞  松野 卓郎(愛知県江南市立古知野中学校) 自己を見つめ、よりよく生きようとする子どもを育てる道徳教育〜道徳の時間を核として、全教育活動で子どもの心に働きかける実践を通して〜(グループ)
佳  作  坂口 勝美(鹿児島県日置市教育委員会) 小中一貫で育てる「思いやりの心を持ち、命を大事にする」子ども〜ふるさとコミュニケーション絆を中心として〜(個人)
佳  作  田神 修一(茨城県鉾田市立旭中学校) 道徳性を高める教育の充実
〜道徳教育推進体制の確立から別葉を使った授業の実践を目指して〜(個人)

◆研究論文の部
氏名(学校名) 論文タイトル(取組 個人/グループ)
優秀賞  吉澤 祐一(新潟県長岡市立北中学校) 中学校教師の道徳の時間に対する意識研究
―修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによる理論生成―(個人)
優秀賞  大藏 純子(岐阜県笠松町立下羽栗小学校) 道徳教育推進教師のあり方に関する総合的研究
―全教師が協力して道徳教育を推進するための方途―(個人)

 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.