上廣・カーネギー・
  オックスフォード
  倫理会議

オックスフォード大学
  寄付講座・上廣センター


カーネギー・カウンシル
  提携事業

ハワイ大学
  第10回東西哲学者会議

 
オックスフォード
  上廣セント・クロス
  派遣制度募集


ハワイ大学
  上廣哲学倫理教育アカデミー

上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議 2009年度         (English)


「人権、民主制、民主化」

  • 期日:2009年11月12日(木)、13日(金)
  • 場所:カーネギー・カウンシル(ニューヨーク)

 今日の国際政治にとって人権と民主制は中心的な関心事である。「非民主的な国家・地域での人権保護」という古くからの問題が今日でも存在する一方で、「人権と民主制の間の緊張関係」という別のパターンの問題群が数多く見出される。例えば、「民主的」とされる西洋諸国では、安全保障上の理由のために人権への配慮が部分的・一次的に停止されるケースが徐々に増えている。翻って「非民主的」とされる中東では、民主的な選挙の導入の結果「原理主義的」とされるグループが勢力を伸ばす事例が複数観察されている。さらに外交の舞台では、「専制を終え、民主政を促進する」という名の下に、戦争や様々な種類の制裁が遂行されている。これらの時事的問題を適切に理解し、賢明な道徳的・政治的判断をするためには、その背後にある哲学的・倫理学的諸課題を吟味することが必要である。例えば、「民主的な統治への普遍的な人権」などというものは存在するのだろうか?もし存在するとすれば、それはどのような権利なのだろうか?ある国で人権侵害が起こっている場合、どのような条件下であれば、外部のエージェンシーがそれを止めるために介入することが許容されるのだろうか?介入に際して使用できる手段は何か?誰が「介入が許容されるか否か」を決めるのか?もし異なる権威がその決定について異なる見解を述べたとしたらどうすべきなのか?国家は国際的な権威に従うべきなのか?それとも国際社会が国家の権威に妥協すべきなのか?2009年の会議では、これらの問題について哲学的、倫理学的、社会科学的、ならび法学的な観点から吟味を試みた。

<11月12日>
挨拶:ジョエル・ローゼンタール(カーネギー・カウンシル)
    ジュリアン・サヴァレスキュ(オックスフォード大学)
    丸山 登(上廣倫理財団)
第一セッション:人権と民主制:倫理学的・哲学的考察
チェア:デーヴィッド・ロディン(カーネギー・カウンシル)
報告:ジェームズ・グリフィン(オックスフォード大学)「人権は民主制を要請するか」
    ジョン・タシウラス(オックフフォード大学)「民主制への人権に関する哲学的懐疑」
    マイケル・グッドハート(ピッツバーグ大学)「民主制:人権を守るための政治システム」
第二セッション:権利と民主化:20世紀の経験から
チェア:チェイニー・ライアン(オレゴン大学)
報告:サスキア・サッセン(コロンビア大学)
     「不完全性と<作ること>の可能性:脱ナショナル化されたシティズンシップへ」
    篠田英朗(広島大学)「普遍的国際社会における人権、民主制、平和」
    ミシェリーン・イシャイ(デンヴァー大学)
     「世界人権宣言のレガシー:過去と未来における人権のための闘争」
<11月13日>
第三セッション:人権の保護、民主化、武力行使
第一部
チェア:蛭田圭(カーネギー・カウンシル)
報告:ジーン・コーエン(コロンビア大学):「主権と人権:その相関関係の再考」
    アンドレアス・カリヴァス(ニュースクール大学):
      「権利なき市民:シティズンシップのソロン的理論に向けて」
    フィリップ・サーニー(ラトガース大学)「民主化にまつわるいくつかの陥穽」
第二部
チェア:クリスチャン・バリー(オーストラリア国立大学)
報告:ルティ・タイテル「正戦論の応報」     
    フィリップ・アルストン
    「<人権を保護する真の責任>の認識が<保護する責任>に先立つのはなぜか」


2009 Uehiro Carnegie Oxford Conference

Thursday, November 12th, 2009
9:00 AM Welcome and Opening Remarks
Joel H. Rosenthal, President, Carnegie Council
Noboru Maruyama, General Secretary, Uehiro Foundation
Julian Savulescu, Director, Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics
9:30 AM Session 1: Human Rights and Democracy: Ethical and Philosophical Perspectives
Issues:
While several, if competing, conceptions of both democracy and human rights have received much attention in recent political thought, the relationship between the two ideals has not been sufficiently worked out. Is there a universal human right to democracy? Does the protection of the full range of human rights require a democratic form of government? Is democratic life possible without secure human rights? How should we understand the tensions that can arise between the two ideals? For example, can a people democratically decide to internally impede some citizens’ basic rights, or externally impede the basic rights of a neighboring people, including their right to self-determination?
Participants:
James Griffin, Professor of Moral Philosophy Emeritus, Oxford University “Do Human Rights Require Democracy?”
John Tasioulas, Reader in Moral and Legal Philosophy, Oxford University “Philosophical Scepticism about a Human Right to Democracy”
Michael Goodhart, Associate Professor of Philosophy and Political Science, University of Pittsburgh “Democracy: A Political System for Securing Human Rights”
Chair:
David Rodin, Carnegie-Uehiro Fellow
12:30 PM Lunch
2:00 PM Session 2: Rights and Democratization: 20th Century Experiences
Issues:
The philosophical and political challenges of today can be illuminated by reflecting on 20th century historical experience. How should we understand the revival, institutionalization, and internationalization of human rights norms since the U.N. Universal Declaration of Human Rights? How should we understand the waves of democratizations in the late 20th century in relation to this process? What lessons can we learn from such extraordinary cases as the (re-) building of liberal democracy in Germany and Japan after the Second World War? What light do these concrete historical instances reflect on the conceptual debate and the ethical questions considered in Session One?
Participants:
Saskia Sassen, Professor of Sociology, Columbia University “Incompleteness and the Possibility of Making: Towards Denationalized Citizenship?”
Hideaki Shinoda, Associate Professor of Peace Science, Hiroshima University “Human Rights, Democracy and Peace in Universal International Society”
Micheline Ishay, Professor and Director of the International Human Rights Program, University of Denver “The Legacy of the Universal Declaration: Past and Future Struggles for Human Rights”
Chair:
Cheyney C. Ryan, Distinguished Professor of Philosophy and Critical Thinking, University of Oregon
6:00 PM Buffet Dinner

Friday, November 13th, 2009

Session 3: Human Rights Protection, Democratization, and the Use of Force: Principles for Action
Issues:
Not least given the uncertain political futures of Iraq and Afghanistan following the U.S.-led invasions, the international community in the 21st century faces the questions of whether, when, and what types of international action can be justified in the name of human rights protection or democratic reform. What means, from economic sanctions to the use of force, are permissible to end human rights violation and promote democracy? What rules should govern the initiation and conduct of forcible interventions and how should they be authorized and overseen? Does taking human rights seriously demand that the current century be a period of global democratization, or should there be an accepted place for decent authoritarian regimes? 9:30 AM Morning Session
Participants:
Jean Cohen, Professor of Political Science, Columbia University "Sovereignty and Human Rights: Rethinking their Interrelationship"
Andreas Kalyvas, Associate Professor of Political Science, Eugene Lang College, The New School "The Rightless Citizen: For a Solonian Theory of Citizenship"
Philip G. Cerny, Professor of Global Political Economy, Rutgers University “Some Pitfalls of Democratisation”
Chair:
Kei Hiruta, Carnegie-Uehiro Fellow

12:30 PM Lunch
2:00PM Afternoon Session

Participants:
Ruti G. Teitel, Professor of Comparative Law, New York Law School “The Wages of Just War”
Philip Alston, Professor of Law, New York University “Why Recognition of a Genuine Responsibility to Protect Human Rights Should Precede Responsibility to Protect”
Chair:
Christian Barry, Senior Research Fellow, Centre for Applied Philosophy and Public Ethics, Australian National University

■2008年度の会議報告
■2007年度の会議報告
■2006年度の会議報告
■2005年度の会議報告
■2004年度の会議報告
■2003年度の会議報告
■2002年度以前の会議報告

   


 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.