上廣道徳教育賞
道徳教育シンポジウム
テーマ研究会
道徳教育活動助成

第24回 上廣道徳教育賞(後援:文部科学省) 受賞者一覧


◆小学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞   森 美香(千葉県千葉市立犢橋小学校) 道徳の時間における問題解決的な学習の在り方
優 秀 賞   中野 真悟(愛知県刈谷市立小垣江東小学校)  命の教育によって向社会性を育て、いじめを防止する道徳教育
優 秀 賞   橋 健一(秋田大学教育文化学部附属小学校) 教科の専門性を生かした道徳教育の推進〜小学校の理科専科として取り組んだ実践を通して〜
優 秀 賞   浅沼 玖美 (愛知県岡崎市立豊富小学校) ふるさとを愛し、ふるさとを守り育てる子どもの育成―2年 生活科と道徳の関連を生かして―
優 秀 賞   木下 美紀(福岡県福津市立上西郷小学校) 自己の生き方を問い続ける子どもを育てる道徳学習指導〜多面的・多角的思考を促す対話活動の工夫を通して〜
優 秀 賞   校長 北迫 五百見(鹿児島県伊佐市立大口東小学校) 道徳的価値の理解を基に、自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方についての考えを深める子どもの育成
佳  作   杉浦 和明(愛知県安城市立安城北部小学校) 輝く「いのち」を大切にする心を育む道徳教育〜総合的な学習「いのち」の学習とリンクさせた道徳の時間〜
佳  作   校長 眞木 千恵子(福井県鯖江市進徳小学校) 見守られ、自分も人も大切にしながら伸びようとする子の育成―志教育を根幹とした教育活動を通して―
佳  作   水谷 徹平(新潟県長岡市立脇野町小学校) 小学校高学年における道徳的実践力を育む活動デザインの検討〜プロジェクト活動を中核とした児童の相互作用を通して
佳  作   安武 史子(熊本県大津町立美咲野小学校) 自分を見つめ、共によりよく生きようとする美咲野っ子の育成〜「テーマ発問」「ゲストティーチャー活用」「心のおにぎりマイバッグの実践」を心の軸として〜
佳  作   校長 山田 典昭 (長崎県長崎市立川平小学校) 「子どもたちの今を知る」〜道徳的価値について意識調査を軸にした道徳の時間の展開〜
佳  作   校長 田村 博久(石川県白山市立白峰小学校) 検証「校長が変われば、学校が変わる」―道徳教育を要とした2つの校長実践―

◆中学校 高等学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞   高野 将吾(福岡県朝倉市立秋月中学校) 働く意義を実感する生徒を育てる道徳教育〜キャリア教育の視点でつなぐ総合単元的道徳学習を通して〜
優 秀 賞   矢野 祥子(岡山県立邑久高等学校) 自らを律し、社会に貢献できる素養を育む道徳教育の在り方〜教員の意識を共有し、生徒の自覚を深める道徳教育〜
優 秀 賞   校長 鈴木 明雄(東京都北区立飛鳥中学校) 主体的な学習と道徳性の育成を図るカリキュラム・マネジメント〜問題解決的な授業を活用したアクティブ・ラーニングが学校を変える〜
優 秀 賞   宮久保 ひとみ(奈良県天理市立福住中学校)  「アクティブ・ラーニング」を活用した魅力的な道徳の創造―国語科のスキルを生かした「対話型授業」の提案―
優 秀 賞   鈴木 敬三(栃木県大田原市立黒羽中学校)  価値の共有化に基づく学級集団の再構成の取り組みについて〜「道徳の時間」における話し合い活動の実践を通して〜
優 秀 賞   鈴木 賢一(愛知県愛西市立八開中学校) 弱さに向き合い、歯を食いしばって生きていこうとする生徒の育成―D(22)を中心に教師と生徒が共に創る道徳授業を展開して―
 優 秀 賞   佐々木 哲哉(岩手県滝沢市立一本木中学校 ) 「言語活動を活かす道徳科の実践的研究」〜価値の多面的・多角的な考え方を表現させる工夫を通して〜
佳  作   足立 雅之(愛知県安城市立篠目中学校) 地域に顔の見える中学生の育成〜ボランティア活動と関連付けた道徳の時間〜
佳  作   天羽 恵 (徳島県立徳島中央高等学校) 生徒の自己肯定感を育む道徳教育の実践〜一人ひとりの可能性を信じて チャレンジ・チャレンジ・チャレンジ!!〜
佳  作   豊田 久晴(愛知県あま市立七宝北中学校) 東日本大震災と命の大切さと生きるを見つめて―道徳デザインを導入して―
佳  作   笠 聡一郎(熊本県菊池市立泗水中学校) 「自己有用感を高めるための体験活動と道徳教育」〜社会貢献活動「高齢者世帯サポート事業」を通して〜
佳  作   丹羽 紀一(岐阜県多治見市立陶都中学校) 生徒が主体的に道徳性を育む指導―問題解決的な学習や体験的な学習を通して―

◆研究論文の部
氏名(学校名) 論文タイトル(取組 個人/グループ)
佳  作   伊住 継行(岡山県倉敷市立倉敷東小学校) 新しい道徳教育に関する一考察―品格教育と心理学の視点から―
佳  作   副校長 板倉栄一郎 ( 開志学園高等学校(新潟県)) 「自覚」から考える中・高等学校の道徳授業の在り方―「道徳的背理法」について―

 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.